無料メルマガ登録

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から
発行しています。
対談・無料PDAファイル
お母さんが、子供から教えられる、 大切なこと
お母さんが、子供から教えられる、大切なこと 志和池 恵vs半澤 聖子
B-Pro
ブログでクチコミ B-Promotion

Add to Google

My Yahoo!に追加

Subscribe with livedoor Reader
カウンター
ブログパーツUL5
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
mobile
qrcode
Sponsored links
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
緊急事態発生!!
とうとう被害者が出てしまいました。
そう、昨日よりテレビで放送中の
農薬問題!!

教室では、すでに数年前より
危険性をお話していて
ママたちの意識も
一般のお母さんより高いようです。

どうしても食費という面から
すると、仕方ないということが
あると思います。

関心の高いお母さんは、
きょく力、添加物、農薬の
入っていないもの、
輸入品は控えるなど
の措置をとっています。

今回の件に関しても
そう動揺はないようです。

ですが、これらは100%摂らない!と
言うわけには、今の現状ではいえません。

必ず、少なからず口の中に入っています。
数年前であれば、身体にいい良い水を飲んで
出来るだけ排出しましょうという
ことを言われていた時期があります。

でも、この毒性はもう体の機能で
排出できないほどの量に達していて
それもおしっことして、流せないほどの状態に
なっていると聞きます。
今の時点では、口にしないことが
一番なのですが、もう少し
対策が必要なようです。

その農薬が洗い流せず、
熱にも強いとなると
料理しようがありませんよね!

これが身体を壊している原因の一つですよね。

私たちは、恐ろしい現実を
しっかり、見ていかなくては
ならないようです。(―_―)!!

気をしっかり持っていきましょう!!
JUGEMテーマ:育児


posted by: 志和池 恵 | 食育 | 07:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
要注意!!
1日、コーヒーを2杯以上の飲む人!!
いらっしゃいますか?
特に女性の方、要注意です!!

何と、こういう方は、
流産率が2倍という結果報告が
なされたようです。

時期や状況、その方の体調、体質など
いろいろあるとは思いますが、
これはちょっと注目するべきなのでは
と思い、取り上げてみました。

少子化とはいえ、最近の女性、お母さんは
がんばっています。
二人、三人とお子さんを生んでいらっしゃる方が、
私たちの地域ではたくさんいらっしゃいます。

そんな中、ちょっとショッキングな
ニュースですよね!!

コーヒー好きな方は、たくさんいらっしゃることと
思います。
私は、二女が7ヶ月のとき、
早産の危険性から入院したときのこと!!
毎朝、食事にコーヒーがついてきていました。

妊娠中のコーヒーはいけないといわれていましたが、
病院で、でてきていたので、飲んでいました。
それを考えると、ちょっと怖い気がします。

何が原因かを特定することは、
難しいことですが、せっかく授かった命
大切に育てて生きたいですよね!!
女性は、以外にいろんな
我慢が要求されます。

きっちり守っていくと
ストレスが溜まります。

将来のために・・・
別の飲みもに、変えてみるとか!
今、お腹に赤ちゃんがいらっしゃる方は、
赤ちゃんに一言「大丈夫よ」といってから
回数を減らすなどして、
対応していくしかありませんよね。

今の状況からすると、妊娠することも
育てることも、大変な時代になってきました。

でも、大切な命、これからの時代を
作っていく子どもを、
何事もなく、育んでいきたいものです。

お母さん!!がんばれ〜〜〜\(^o^)/
JUGEMテーマ:育児


posted by: 志和池 恵 | 食育 | 08:13 | comments(0) | trackbacks(1) |
お雑煮(^。^)

みなさんは、どんなお雑煮
を食べましたか?

九州では、だいたい
しょうゆベースで
鶏肉、野菜(人参、大根など)
おもちなどが入るようです。

九州の中でも
福岡はちょっと変わった
お雑煮です。

多少、中に入るものが
違うかもしれませんが、
おばあちゃんの家のお雑煮は
しょうゆベースで
ぶり、鶏肉、人参、たけのこ
かつお菜、かまぼこ、丸餅が
入っています。

福岡はやはり海と山が近いせいかも
知れませんが、豊富な食材が入るようです。

関西のほうに行くと、白味噌仕立てで
鶏肉と大根、人参(紅白の意味で)
などが入るそうです。

また、四国に方面に行くと
あんこ餅を食べたりするそうです。

日本もいろいろなお雑煮があって
おもしろいですね!!
(昔、雑煮を食べて胃を安定させてから
 酒宴にはいる前菜とされていたという説もあります)
JUGEMテーマ:育児


posted by: 志和池 恵 | 食育 | 08:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
あ〜〜!おいしかった!!
あ〜〜!
おいしかった!!
お正月おいしいものをたくさん
食べましたか?

昔の人は、保存食として
辛くしたり、甘くしたり
冷たいところに食品を置いたり、
お酢に漬けたり、
乾燥させたりといろんな
工夫をしてきました。

現在はというと、
食品添加物というものがあります。

冬とはいえ、食べ物は腐ります。
それを出来るだけ防ぐために
いろいろな食品に使われているのです。

もしかすると、お正月は、普段の生活より
たくさんの添加物を食べているかもしれません!!

そこでどうすればいいのか? というと・・・


唾液には発がん性物質を無力化する強い力があります。
1、よく噛んで、ゆっくり食べること
2、ハム・ソーセージはお湯に数秒通す
3、炒めたときの水分は捨ててしまう
4、お漬物はよ〜く水洗いするか、水に5分以上つける
5、食物繊維をたくさんとる
などが上げられます。
そして、有害物質を外へ出してくれるものに
「亜鉛」があります。

この亜鉛が不足すると
味覚異常
生殖力低下
免疫力低下などに陥ります。

そこで亜鉛をたくさん含む食品紹介
牡蠣、スモークレバー、パルメザンチーズ
煮干、ごま、畳いわし、松の実、カシューナッツ
ほや、牛肉、凍り豆腐 など・・・
があげられます。

出来ることなら、摂らないほうがいいのですが
そんなことはできません!!

口にするほとんどのものに使われているからです。

少しでも取り除くことで、
私たちも子どもたちも身体を
守ることが出来るのではないかと思います。

少し手間がかかるかもしれませんが
少しずつでもこなして
おいしい食べ物に変えていきましょう!!


JUGEMテーマ:育児


posted by: 志和池 恵 | 食育 | 08:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
サツマイモパワー!
幼稚園や保育園で芋ほりに行きましたか?
子どもは芋が大好きです。

よく食べられるのが、ジャガイモです。
チィップスやフライ、肉じゃが、マッシュポテト
などいろいろな料理に使われます。

秋の芋ほりと言えば、サツマイモですよね!
そろそろ、石焼き芋屋さんが回ってくる時期です。

ハーハーフゥーフゥー言いながら食べると
とてもおいしいです。

サツマイモには、
βカロチン、ビタミンC、E、(活性酸素を退治してくれる)
カ リ ウ ム      (あまった塩分を外に出す働き)
がたくさん含まれています。

普通、ビタミンCは加熱すると弱いのですが
サツマイモはあまり損なわれません。
また、繊維分が多いので腸をきれいにしたり
便秘の解消の一つにもあげられます。

そしてカロリーがお米の3分の1以下なので
とてもありがたいですよね。

またがん、動脈硬化、高血圧の予防、疲労回復、
などに役立ちます。
また、体を温める食品です。

子どもたちには格好のおやつですね。
カロリーが少ないので、
ママたちにもおすすめです。\(^o^)/
JUGEMテーマ:育児


posted by: 志和池 恵 | 食育 | 08:55 | comments(0) | trackbacks(1) |
嫌いなものを食べさせるには!
好き嫌いは、誰にでもありますよね。
ど〜〜しても食べられないもの
あなたは、何がありますか?

子どもたちからすると
はじめてたべるものが
ほとんど、においや食感
柔らかさやかたさなど
いろいろなものが原因になって
「嫌いなもの」が発生します。

先日、元Jリーガーの中田 英寿さん
のインタビューがあったのですが
彼は、野菜が食べれないと言っていました。
何でも野菜を食べると具合が悪くなるとか!?
そういう方もいるので
一概に何でも食べなさい!とは
今は言うことはできません!!

食物アレルギーや環境アレルギーに
よる影響も考えられます。
また突然、アレルギーが起こることも
あるからです。

小麦粉、そば、牛乳、卵、
油、魚、肉、など食べると
何らかのアレルギー反応が出る。
こういう子どもたちが増えています。

そうでない、ある程度何を食べても
大丈夫な子どもたちは、出来るだけ
栄養分を食物から摂ってもらうのが
一番だと思います。

お母さんと好き嫌いの話を
していたときのこと。

「きらい」なものをどうやって食べさせるか?
という話になったのです。

その家庭、家庭によって
それぞれのやり方があるとのこと。
いくつか上げてみましょう。

*絶対、食べ物は残させない
*料理を工夫する
*お腹を空かせておいて食べさせる
*繰り返し挑戦する
*「おいしいよ」と見本を見せる
いろいろな意見が出ました。

よく利用する方法は、
お腹をすごく空かせてから
食事をすると効果がありそうです。

たくさん遊んで、よくわらって
動いた後やお腹が空いていなければ
食事時間をずらしてみる。
または、調整のため1食抜いてみる、
おやつを減らしてみる、抜いてみる。
こんな方法もたまにはいいのでは・・・。

食事は、やはり大人の一緒で
腹八分目が一番良さそうです。
次に動くときも動きやすいですよね。

なかなか食べてくれない子どもたち
ちょっと、思い切ってみるのも
一つの方法です。
JUGEMテーマ:育児


posted by: 志和池 恵 | 食育 | 09:42 | comments(0) | trackbacks(2) |
危ない食べ物2!
前回のブログで「危ない食べ物」を
書いたのですが、今回は具体的に
どういうものが危ないのか
をご紹介します。

まず、気をつけていて欲しいものとしては
/品添加物
 砂糖の取りすぎと同じように子どもの
 多動を産みやすくなり、イライラやすぐカッ~~と
 なったり、根気がなくなります。

低血糖症
 赤ちゃんの異常な泣き方でわかる
 (血糖バランスの異常もある)
 母親の糖尿病の急増傾向と子どもの自閉症、
 情緒障害で一致するところがある。

G哨▲譽襯ー
 自律神経の失調や情緒障害が起こる
 食物アレルギーが頭の中(脳)に害を及ぼす。
 症状が表れたら、3日に1回食べているものを
 目安に食物を確認してみる。

そ填眤阿粒
 鉛・・・・・・・水道水の鉛管、殺虫剤、鉛筆など
 水銀・・・・・・魚介類、歯科治療用アマルガム
 カドミウム・・・飲料水、加工食品、汚染されたお米、魚介類
 アルミニウム・・アルミの調理器具、食品添加物
 
い蓮中国製品で今話題の最中ですよね。
子どもは小さいですから、少量で効き目が
出る可能性があります。

もしかすると、アトピーやジンマシンなどの
症状が出ているかもしれません。

もう一度、食べ物やおもちゃに
注意を向けてみてください。

重金属の蓄積を防ぐには
微量栄養素(必須ミネラル)を
とることで防ぐことが出来ます。
posted by: 志和池 恵 | 食育 | 08:39 | comments(0) | trackbacks(11) |
危ない食べ物!
子どもは小さいからだでいつも
がんばっています。

少しぐらいは大丈夫と思っていませんか?
小さいく、きれいな体だからこそ
体に悪いものが体内に入ると
効き目がいいんです。

去年の今頃でしたか????
ニュースでトランス脂肪酸が
話題になりました。

この油は主にファーストフードに
使われているものです。
摂りすぎるといろいろな病気を
引き起こします。

そのニュースが流れた直後、
うちでは、一切のファーストフードを
やめました。
コンビに始まり、ハンバーガー、チキン
など、一切を口にしない。

ただし、どうしてもやむ終えないときは
仕方ありません。
たとえば、部活でみんなが食べているのに
一人だけ、別のものとはいきませんし、
誘われてどうしても断れないときなどは
仕方ないですよね!

早1年ほど口にしていません。
これらの食べ物は、次々に食べたくなる
習性をもっていて、食べないでいると
どうしても食べたくなってくるのです。
それをグッと我慢するのに半年ぐらい
かかりました。

ようやく半年過ぎて、テレビのCMを見ても
食べたいという気持ちがなくなりました。

今は食べたいとは思いません。

この間、3食ハンバーガーで済ませたと
いう話を聞きました。

これが小さい子どもの体を少しずつ
崩していっているのです。

この少量のものが回数を重ねると
ドンドン体に蓄積されていきます。

100%取り除くといくことは
難しいことですよね!

出来る範囲で気をつけることが
一番の早道です。

免疫力を高め、病気になりにくい
丈夫な体を作りたいものです。
posted by: 志和池 恵 | 食育 | 14:27 | comments(0) | trackbacks(1) |
三食!
みなさんは朝食を食べていますか?

脳はご飯を食べて1時間後に
パワー全開になります。
このパワー全開は、朝食を食べた後が
脳のゴールデンタイムなのです。
なぜなら、睡眠によって疲れも
とれて、体が元気だからです。

食事でエネルギー補給すると
ブドウ糖の値がふえて、
ホルモンが脳の細胞に刺激を与え
記憶力や学習能力の効果を高める
ことになります。

なので、勉強する環境を整えるには
食事をちゃんと取ることが基本です。

日本人の食生活は三食ですよね。
でも、カロリー的に言えば、
朝食が一番軽くて、夕食になるに
したがって重く、カロリーが多く
なっているのが普通です。

これでは、睡眠中に体脂肪が
どんどん蓄えられることになります。

1日の食事量を朝食、昼食に分けて
カロリーを摂り、夕食は今の半分か
または軽めに摂ると体自信も楽に
なります。

以外に昼食で少し
カロリーの高いものをとっても
午後の活動にはあまり負担は
かからないかも知れません。

油物も良い油を使っている
物であれば、胃にあまり負担が
かからないし、体のためにも
脂質は大事なエネルギー源です。

朝食、昼食を考え直して
見てはいかがですか?
posted by: 志和池 恵 | 食育 | 09:31 | comments(0) | trackbacks(1) |
食いしん坊!
頭(脳)は食いしん坊です!

こんな経験はありませんか?
一生懸命勉強していると、
体を動かしていないのに
ものすごくお腹が空く!!

なので、受験生などが
よく夜食を食べるシーンを
見かけますよね!

それは脳がものすごく大食漢
だからなのです。

私たちの体には、いろいろな栄養が
必要なのですが、脳の栄養は
ブドウ糖しか必要としません。

ある日、医学会で大事な会議があったそうです。
今、医学もいろいろな分野に分かれていますが、
さあこれから会議だ、というとき
脳を勉強している先生達は、出されたコーヒーに
砂糖を入れて、一気に飲み干して立ち上がった!!
ということがあったそうです。

ここぞ!というとき、この砂糖入りのコーヒーを
飲むことによって、脳に元気を与えたのです。

脳がエネルギー源にできるのは
ブドウ糖で、大量に消費するのです。

一番いい食べ物は「ごはん」なのです。
他には、パン、芋類、砂糖類、などです。

これから頑張らないといけないとき、
ちょっと、疲れたかなというとき
一口甘いものを食べると、
脳はまた働きが良くなります。

子どもだとパンを食べさせるとか
小さいおにぎりにするとか
砂糖のちょっと入ったジュースにするとか
が理想のエネルギー補給方法です。

ですが・・・・!
砂糖だけはくせ者です。
つい手軽で簡単なために
必要以上に摂りすぎることがあります。

これは逆効果です。
砂糖の取りすぎは病気のもと
ひいては脳に悪い影響を
与えてしまうこともあります。

甘いものもスプーン一杯
だけで良いと言われています。

うまく砂糖を使うことが
うまく脳を動かすことになっていきます。
posted by: 志和池 恵 | 食育 | 09:16 | comments(0) | trackbacks(0) |