無料メルマガ登録

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から
発行しています。
対談・無料PDAファイル
お母さんが、子供から教えられる、 大切なこと
お母さんが、子供から教えられる、大切なこと 志和池 恵vs半澤 聖子
B-Pro
ブログでクチコミ B-Promotion

Add to Google

My Yahoo!に追加

Subscribe with livedoor Reader
カウンター
ブログパーツUL5
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
mobile
qrcode
Sponsored links
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
笑顔!?
教室の前の桜がほぼ満開になりました。
今日、明日がみごろですよ〜〜!
ぜひ見に来てください〜。

みなさんは笑顔で暮らしていますか。
悩みがあるとか、風邪をひいているとか
病気を抱えていたりすると
人って笑えなくなりますよね。

そして、心を痛めている人は
特に笑いが消えうせています。
子どもは柔軟性100%です。
言葉や態度を見て
そのとおりにまねっこします。

これって学習の基本でもあります。
相手を見て真似してみる!重要なことです。
子どもは真似ることがとても得意です。
まねてから自分独自のものを出していきます。
まねることを正すより
十分まねてから自分の好きに
やったほうが効果抜群です。

笑わない子には笑いを・・。
見せてあげると、ちゃんとまねてくれます。
まずはお母さんの笑顔を子どもに
見せてあげてください!!
きっと、子どもは笑顔で返してくれますから・・・!

今日の慣用句
「之繞を掛ける」(しんにゅうをかける)
意味:程度をはなはだしくする、程度が並外れていること

posted by: 志和池 恵 | 心を育てる | 21:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
好きなんだけど・・・・!
Bくんは、6歳の男の子!!
卒園も終わり、お別れ会などが
開かれる時期になりました。
そろそろ入学説明会、教材をそろえたりと
子どもは子どもなりに忙しい日々を
過ごしているようです。

Bくんは、いつも元気よくやってきます。
今日は、なんとなく元気がありません。
お友達のNちゃんもお疲れ気味のようです。
どうもお別れ会をしてきたようですね。

それもあってかBくんは、気分が
ぜんぜん乗りません。
まあ、たまにはこういう日もあるのかな!
進めていくと、うろうろしたり、教材を投げたり
なんか落ち着きがありません。
私に文句を言いながら、突っかかってきます。
私にとっては、なんか憎めず
とてもかわいくうつるのですが・・・・。

相変わらず、「ア〜〜でもない」
「こ〜〜〜でもない」といいながら
「わからん!!」をぶつけてきます。
それでもレッスンが終わると、そばに来て
くっついています!!
「そうか、実は甘えたいのね〜〜!」と
思いながら、ちょっかいを出すと
ものすごく乗って喜びます。
最後は、「僕は家には帰らんけん」ということに・・・。

子どもは、気持ちを逆に出してくる子もいます
本当は好きなのに、いたずらしたり、
相手も困らせたりと・・・・
とてもかわいいしぐさですよね!!
それが分かると、とても簡単です。
かまって欲しいのです。
遊んで欲しいのですから・・。
今度から目一杯遊ぼうと思います。

子どもの気持ちちょっと探ってあげると
何を求めてやっているのかがわかります。
行動を冷静に見てみてください!!


今日の慣用句
「触らぬ神に祟りなし」
意味:一難をのがれたと思ったら、また別の災難にあうこと
posted by: 志和池 恵 | 心を育てる | 21:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
「熱がある!!」
「ぼくね!今日ちょっと熱があると・・・!」
といってぐったりしているHくん!
体は本当にきつそうです。
「大丈夫、どうしたの???」
と聞いてみると、説明してくれました。

「卒園式のときに、咳が出て、
のどが痛かったんだけど・・・」
「今日は熱が少しあったから
病院に行って薬もらって飲んだよ!!」
「そうか!大丈夫?」と聞くと
Hくんは、ちょっとうなずきました。

「じゃ、具合悪くなったらいってね」
といってはじめましたが、
最後まで、弱音を吐かずにがんばりました。
なんか成長したHくんをかいま見たようでした。
「もうだめ!」という言葉はいつでも
いうことが出来ますが、
「もう少しがんばる!」という気持ちが
体も強くなっていきます。

無理は禁物ですが、がんばることも
必要ですよね。少しずつ体や心を
鍛えていくことが、強い子どもを
作っていきます。


今日の慣用句
「晴天の霹靂」(せいてんのへきれき)
意味:予想もしなった大事件、突然つけた衝撃のこと
JUGEMテーマ:育児


posted by: 志和池 恵 | 心を育てる | 12:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
ひな祭り
今日は、女の子の節句ですね!
各家庭で、雛人形を出したり
白酒、ひし餅、ハマグリのお吸い物
でお祝いするのが一般的ですが
今では、もっとかわいらしく
イチゴを使った料理やかわいい雛寿司
など工夫がいっぱいです。

でも、男の子ばかりの家庭では
なかなかひな祭りはしませんし、
唯一女の子であるママの存在が
小さくなっています。

ママたちに聞いてみると
「うちの家庭とは無縁だね!!」
「関係ないですね!!」といわれます。

子どもたちが寝てからでもいいし、
家族でママの節句を祝っても
いいんじゃないでしょうか!
すると、家庭の中がなんか潤ってきます。
ママが気持ちよく過ごすことは
家族が気持ちよく過ごすことですよね!
ちょっとリラックスするのには
いい日かもしれません!!
ぜひ、お試しくださいね。


今日の慣用句
「金的を射落とす」(きんてきをいおとす)
意味:皆が手に入れたいと願っていたものを自分の手中におさめること
posted by: 志和池 恵 | 心を育てる | 18:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
どうして反対の行動とるの〜?
Mちゃんは、思いと反対の行動や
言動をしてしまいます。
なぜなのか?
ママは、とても困ってしまって・・・。

恥ずかしいときやどうしても馴染めないとき
やりたいんだけど、反対の態度がでてしまう
そんなお子さんをお持ちではないですか?
誰が悪いわけでもないのに
少しずつ近づいてはやってみる!!
そんな行動にでたりします。

おもしろいものや徐々にしか
入っていけないのかも知れません。
そんなときは、無理に怒らずに
「ママも一緒だから大丈夫」と
ぎゅっと抱きしめてあげてください。

不安な気持ちがいつの間にか
どこかへ少しずつでも
飛んでいきますよ!!

ゆったりしたママを見ることで
子どもは安心します。


今日の慣用句
「鼻薬を嗅がせる」
意味:賄賂をおくること
JUGEMテーマ:育児


posted by: 志和池 恵 | 心を育てる | 16:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
心を閉ざして・・・!
子どもたちもいろいろな性格の
子どもがいます。
どうしても自分を出せない子どもや
恥ずかしがりやの子どもたち。

たぶんほとんどの人が
本当の自分をだしていないと思います。
本当の自分は、心の中にしまっている
のではないでしょうか!

それでも、人と人との関係が
生まれた瞬間から始まります。
イヤだ!も待ったもなしですよね!

むしろ自分を出さない子どもたちが
どんどん増えているのでは
ないでしょうか!?
子どもたちには小さな関係ですが
幼児期の人間関係は、
大きなものがあるかも知れません!
私たち、大人がしっかり見守る
必要がありますよね!


今日の慣用句
「阿吽の呼吸」
意味:一緒に何かをするときのお互いの微妙な気持ちの合い具合のこと
JUGEMテーマ:育児


posted by: 志和池 恵 | 心を育てる | 20:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
気持ちはウラハラ???
子どもたちも気持ちは
揺れ動いています!

やりたいけど恥ずかしい!
やりたいけど素直になれない!
好きだけど嫌い!??
なんて態度や言葉に出てしまいます。

それは仕方ないことです。
それがわかったら、ちょっと
待ってあげると素直になれる
時期があります。

Uちゃんは周りをよく見ています。
みんなと同じことはしたくない!
でも同じものをしたい!
一人はいやだけど、一人がいい
そんな気持ちが一杯です。
この気持ちは分かるようで分からない!!

大人であれば、我慢するのでしょうが
子どもは素直に気持ちを表に出してきます。
でも、興味はとてもあって、
おもしろいものがあると
よってきて、キチンとこなしていきます。

そんなときは・・・
怒るより見守ってあげるほうがより効果的です。
長い目で見ると、そうたいしたことではありません。
「ちょっと様子を見てみようかな!」
そんな気持ちに切り替えてみてください!


今日の慣用句
「一頭地を抜く」(いっとうちをぬく)
意味:他より抜きん出てすぐれていること

posted by: 志和池 恵 | 心を育てる | 20:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
きょうだいって・・!
きょうだいって不思議ですよね。
仲いいのか悪いのか??
基本的にはとても仲がいいです。
でもいつもライバルで仲良しで
相談相手で批判もしあう
いい関係なのかも知れません。

日々、きょうだいは葛藤しています。
JくんとMくんはJくんがおにいちゃん。
JくんはMくんがだいすき!
ぎゅ〜と抱きしめたいのですが、
Mくん嫌がります。
Mくんの本をJくんが借りると
Mくんはすぐに(-_-メ)
MくんがJくんのものを借りると
Jくんは、力ずくで奪い返します。
Mくんはすぐに(T_T)
10分もたつと・・・・・。
お互いケロッとして
いつものように遊んでいます。
二人でべったりしながら・・・
上の子は下の子に教えながら
下の子は上の子を見本にしながら
見よう見まねで学んでいくのですね(^_^)v


今日の慣用句
「案ずるより産むが易し」
意味 :実際にやってみると、あれこれ心配していたほどのこともなく
案外たやすくやれるということ 
JUGEMテーマ:育児


posted by: 志和池 恵 | 心を育てる | 08:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
伝わる心!!
人は、感情の動物である!
なんてよく言われますが、
その感情にも若干の違いがあります。
それは、子どもも大人も同じで
感情をあまり重視しない人もいれば
心に響く言葉や態度を求める人もいます。

最近の本を読んでいると
心を求めている、心に響くものを
書いている作品が数多くあるのに
気がつきました。

それって、みんながこうあってほしい!
寂しさを埋めて欲しい、理解して欲しい
と気持ちのあらわれですよね。

もしかすると、育った家庭の中で
その気持ちを抱いたまま
大きくなっていっている子どもたちが
たくさんいるのかも知れません。

あなたは子どもに心で接していますか?
それはほんのちょっとしたことです。
子どもを抱くとき、気持ちをこめて
ぎゅっと抱きしめるだけで
その心は子どもに伝わります。

気持ちがその子に向かずに
ただ単に抱きしめても
子どもには伝わりません。
すると、なんだか分からないけれど
寂しさがいつも片隅にのこって
積もっていきますから子どもの心は
いつも満たされないままの状態に
なってしまいます。

心をこめることは
子どもに自信や勇気や愛情を
肌で伝えていき、それが
子どもを成長させていきます。

この心をこめる行為がないと
子どもは育たないのです。

ぜひ、子どもに目を向け
心をこめて、その瞬間、瞬間を
接してあげてください。
あなたの心が確実に伝わりますよ!!


今日の慣用句
「筆硯を新たにする」
意味:構想を新たにして文章を書き改めること
   (筆硯・・・ふでとすずりで文章を書くことの意)
JUGEMテーマ:育児


posted by: 志和池 恵 | 心を育てる | 08:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
身近なライバル!?
負けたくない!という気持ちが
私たちにはありますが、
子どもたちもおおいに持っています。

特に身近な人に負けたくないのです。
それは親であり、きょうだいでもあります。

負けたくない=勝つという目的が
あるからですよね。
勝つということは大事なことで
勝つことで、脳が満足していきます。
たとえば、どんなにがんばっても
結果が勝たなければ、疲れが倍層しますが
勝つと喜びにかわり
疲れはどこかへ飛んでいってしまいます。

この頑張りが人にとってとても大事なものです。
特に子どもたちには効果があります。
勝つと子どもたちはとても喜んで
元気とやる気がいっぺんにやってきます。
これを何度も経験している子は
努力することが平気になってくるのです。

喜びを味わいながら努力すること!!
これをぜひ子どもたちに
知ってもらいたいですね!

※今日の慣用句
「蟷螂の斧」(とうろうのおの)
意味:自分の弱さを顧みずに、強いものに立ち向かうこと。
   蟷螂・・・かまきりのこと
JUGEMテーマ:育児


posted by: 志和池 恵 | 心を育てる | 08:44 | comments(0) | trackbacks(0) |