無料メルマガ登録

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から
発行しています。
対談・無料PDAファイル
お母さんが、子供から教えられる、 大切なこと
お母さんが、子供から教えられる、大切なこと 志和池 恵vs半澤 聖子
B-Pro
ブログでクチコミ B-Promotion

Add to Google

My Yahoo!に追加

Subscribe with livedoor Reader
カウンター
ブログパーツUL5
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
mobile
qrcode
Sponsored links
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
男女の温度差
女性の冷え性はとても多いですよね!
最近は、男性の方もちらほら・・。

女性は男性より冷えに弱い傾向にあります。
なぜかというと・・・
体温は内臓や筋肉の活動で作られるのですが
女性のほうが男性より筋肉が約1割ぐらい
少ないようです。

そのため、男性と同じ熱を
つくることが出来ない!
また、一度冷えると
もとの体温に戻すのに
男性より時間がかかるのです。

女性の快適温度は大体28度ぐらい
男性の快適温度は大体20度ぐらい
なんと8度も差があります。

そのための対策としては、
/搬里魏垢瓩襪海函
▲咼織潺鵤邸ぃ辰鮗茲襪海函
B綣佞鬚茲する食べ物を摂る

,蓮⊃搬里魏垢瓠血の巡りをよくすると
病気をしにくいといわれています。
△蓮▲咼織潺鵤鼎蓮血行をよくし、
ホルモン分泌を調整する
   ビタミンCは、鉄分の吸収を助ける、
          毛細血管の機能を保持する
は、身体の中から温めて、血行をよくします。

どんなものがあるかというと
ビタミンEは、緑黄色野菜、豆、穀類
ビタミンCは、みかん、イチゴ、ブロッコリー、
ピーマン、イモ類

代謝をよくする食べ物
香辛料(唐辛子、にんにく、こしょう、)
ねぎ、玉ねぎ
ウーロン茶などがいいようです。

これらは、血管を拡張し、
体内の脂肪を熱して
体温をあげる働きがあります。

子どもたちも、今低体温の子が
たくさんいますので
出来るだけ冷やしすぎに
注意してください。
体温調節機能が麻痺してしまうと
とても大変になります。

今年も、暑くなりそうです。
冷房が欠かせなくなってきますが
冷えには、十分対策しましょう!!
JUGEMテーマ:育児


posted by: 志和池 恵 | 体によいこと | 07:27 | comments(0) | trackbacks(1) |
睡眠サイクル
やっと眠たい春がおわったかな?
と思いきや4,5月の疲れからか
気が抜けたように身体の調子が
いまひとつという方
いらっしゃいませんか?

そんなときには「睡眠」が一番!!
なのですが、むやみやたらに寝ても
逆に疲れてしまいます。

どうも人には「睡眠」のサイクルが
あるようなんです。
よく耳にする言葉が
「朝型」「夜型」です。
あなたはどちらですか?
なんて質問を受けたりします。

これは、その人の睡眠サイクルを
聞いているのですね。

「朝型」の人は、夜寝るのが早くて
朝、気持ちよくスキッと起きれる人。
「夜型」の人は、夜遅くまで起きていても
大丈夫で、だんだん朝になってくると
眠たくなる人。
なんて分け方をしていますよね。

それぞれ眠りの時間帯が違います。
規則正しく生活していくと、
その時間には、「もうそろそろ寝ますよ」と
頭が指令を出します。

すると、本当に眠たくて何も考えられなく
なって、深い深い眠りに入るのです。
これって、その人が睡眠に一番適した
時間であり、睡眠内容なのです。

たとえば、中途半端に疲れたまま
無理やり寝ようとすると
起きたときに「不快感」を感じることは
ありませんか?

逆に寝たのに身体がきついとか
寝違えたとか痛みが起こったりします。

そんなときはとことん疲れて
熟睡したほうが、次の日はとても
すっきり目が覚めます。

特に子どもの睡眠はとても
大切です。
深い眠りも大事ですし、寝る時間も
左右されます。
伸び盛りの子どもたちには
その時間帯によって、頭の疲れを取り除いたり
成長を助ける時間帯があります。

それぐらい睡眠って私たちには大切です。
「寝る子は育つ」というのは一理あります。

このサイクルをお母さんが、わかっていると
子どもの睡眠にとても役立ちます。
深い眠りの時間!!
なかなかわからない子もいます。

本当に眠たい時間を
把握してあげてください。
もっと、眠りが充実しますよ。
そして、明日は元気いっぱいです!!

JUGEMテーマ:育児


posted by: 志和池 恵 | 体によいこと | 09:21 | comments(0) | trackbacks(1) |
夏に向けて!
6月から夏です。
早く春が来るといいな!と
つい3ヶ月前はそう思っていましたが
もう夏がやってきました。

なんとなく不安定な5月が
無事終わり、暑い夏に向けての
スタートです。

春の紫外線も強烈なものが
ありますが、夏も厳しいものです。

近頃、昼間はとても暑くて
夜になると冷えてくるという
温度差が激しいです。

こんなときこそ
身体に注意を・・・。
今この地域では、風邪が流行っていたり
原因不明の熱がでたり、
伝染する病気が流行っています。
それほど、免疫力が下がっている
ということの証拠なのでしょうか!

体調を整え、夏に向けての
身体づくりをしなければ
なりません!!
がんばりましょう\(^o^)/

JUGEMテーマ:育児


posted by: 志和池 恵 | 体によいこと | 09:39 | comments(0) | trackbacks(3) |
太りやすい?
最近の子どもたちは
昔と比べて、背も高くなり
足も長くなりましたよね!

ホントに羨ましい限りです。
でもその反対に肥満も
大きな問題になっています。

これだけ食料が豊富で
お腹がすくと何でも
口に入る時代ですから
我慢をするということは
ないのが普通です。

でも不思議なことに
やせている人より
太っている人のほうが
身体が弱い傾向にあります。

人は、自分にあった体重、
一番動けるベスト体重があります。
それは、環境や年齢によっても
ちがうのですが・・・。

この肥満の原因なのですが
倹約遺伝子というのが大きく
関わっているのだそうです。

倹約遺伝子とは使うエネルギーを
最小限に押さえ、あまったエネルギーを
最大限に脂肪として蓄えることが
出来るように働く遺伝子なのでそうです。

厳しい環境で暮らす人々には
とても大切な遺伝子で
日本においても、食料の乏しい時代が
長くあったために、この倹約遺伝子は
大活躍していたと思われます。

日本人はこの遺伝子を
おおよそ3分の1の人が持っている
といわれています。

太りやすいのは、この遺伝子を
持っているからではないか
ということなのです。

この遺伝子を持っている人は、
同じような量の食事をして、
同じように生活していても
太りやすい人と太りにくい人の
差が出てくるようです。

食べすぎは、身体に負担をかけます。
子どもの成長に合わせた
食事が大切で、よくかむと
少ない量で済むといわれていますので、
食事に1品かたいものを取りいれたり
魚を1匹焼いて、身をほぐしながら
食べるという方法もあります。

子どもの太りすぎには、
気をつけたいものですね!!
JUGEMテーマ:育児


posted by: 志和池 恵 | 体によいこと | 09:02 | comments(0) | trackbacks(2) |
リラックス法
人それぞれ、自分のリラックスする
方法があると思います。

私の場合、意外なことに
字を書いていると
リラックスすることに
気がつきました。

それも字は上手にかけないので
えんぴつで書く奥の細道や
徒然草など、筆ペンを使って
書いていると、何枚かいても
苦ではないのです。

何も考えずに、ただ文字を書く
ということに専念できるようです。

皆さんはありますか?
自分がリラックスする方法!
何もしないことが
リラックスかというと
そういうわけではないですよね!

自分の気持ちが落ち着き
心が安らかになる!
そんなリラックス法があっても
いいのではないかと思います。

子どもたちに筆ペンを持たせて
字を書かせてみると、
おもしろいらしいのですが、
書く子もいれば、塗ってしまう子もいます。
書くことの喜びを
もっと知ってくれるといいのですが・・・!
JUGEMテーマ:育児


posted by: 志和池 恵 | 体によいこと | 06:35 | comments(0) | trackbacks(3) |
第2の心臓
シップのコマーシャルで
ふくらはぎにシップを貼って
気持ちいい!というのがありますよね。

あのコマーシャルは本当のようです。

最近は、どろどろ血液とか
さらさら血液とか
目で血液の流れを見ることが
出来るようになってから
注目をあびています。

血液といえば心臓ですが
第2の心臓が「ふくらはぎの筋肉」
なのだそうです。

心臓から遠いふくらはぎですが
足の血液を重力に逆らって心臓に
戻す役目をしているのだそうです。

実はとても大事な筋肉だったのですね!

なのでその筋肉を刺激することで
血液の循環が良くなっていきます。

刺激を与える方法は?
シップを張ることも一つの方法です。
また、かかとを上下に動かすことや
一日の終わりに、マッサージして
あげたりするのも効果的ですよね。

これで、流れを良くして、老化も
防げるという一石二鳥のおはなし・・!
JUGEMテーマ:育児


posted by: 志和池 恵 | 体によいこと | 08:55 | comments(0) | trackbacks(4) |
歯!
私たちは、普段何気なく使っている歯。
身体の中で、以外に重要な部分です。

もちろん、噛むことは
最大に重要ですが
この歯によって、寿命が左右されます。

私たちの身体は、柔軟性を
保つためにがっちりと固定されて
いるわけではありません。

よく動くために関節や筋肉があり
自由に動かすことが出来ます。

そのためにちょっとしたことで
ずれが生じます。

骨のずれ、かみ合わせのずれ
虫歯、金属アレルギーなど
いろんな症状が出てくるのですが
虫歯以外は、「まあ何とかなるか」
という具合に、ほって置かれがちです。

かの有名なエリザベス1世の
死因は、何だと思われますか?
何と『虫歯』だそうです。
彼女の日頃のストレスは、すざましいもので
そのストレスを癒すのが、お菓子だったそうです。
なので、食事代わりに、ケーキやプティングなど
食べていたそうで、虫歯がたくさんあったそうです。

もし本当だとしたら、恐ろしいですね!!
そうならないように「歯磨きの習慣」を
きちっと教えてたいものです。
JUGEMテーマ:育児


posted by: 志和池 恵 | 体によいこと | 12:14 | comments(0) | trackbacks(20) |
衣替え
最近は洋服にも、季節感が
なくなってきましたよね。

春から夏への衣替えは、6月1日からです。
この日を境に、冬服から夏服へ変わります。

これは昔、和服を着ているとき
裏地をつけた「あわせ」から
裏地のない「単衣(ひとえ)」に
かえていたことが今に残っているのです。

衣替えは、4月、10月の一日(朔日)に行なわれ、
4月朔日(1日)の行為を「綿貫」といいました。
つまり、綿入りの衣服から綿を抜くからです。

でも、4月に単衣に衣替えするのは
気候的に合わなかったために、
4月1日から5月4まで
9月1から9月8日までは「あわせ」

5月5日から8月末までは「帷子(かたびら)」
9月9日から3月末までは「綿入れ」
という風に年に4回の衣替えが
ありました。

明治時代になって
洋服を着るようになってから
6月1日を夏の衣替え
10月1日を冬の衣替えを目安としました。

でも、今では6月になる前に
暑くなって、今年はここ5月に
入ってから、20度を超える
暑い日が続いています。
自分の体調に合わせて
服も重ね着が出来るように
考えなくてはいけなくなりました。

最近は、低体温の子どもたちが
増えているため、
ちょっと暑くなると、汗をたくさんかき
寒くなると、ふるえるということが
よくあります。

ちょっとしたことで風邪を
引きやすくなるこの時期。
重ね着をうまく利用して
体調を整えましょう!
JUGEMテーマ:育児


posted by: 志和池 恵 | 体によいこと | 09:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
かむこと!
先日、「僕の一番好きな食べ物はなんでしょう?」
と質問されました。
「う〜と、ハンバーグ、から揚げ、カレー」
など好きそうなものを上げていくと
「ちがう!ぜんぜんちがうよ」
という返事・・・。
「うっ〜〜!わからないな」と答えると、
「じつはね、実は!!」
「一番好きなものって、マックだよ!!」
と答えました。

「どうして?」と聞くと
「うん、わけはないけどマックが一番!!」
という答え。
「そうか!結構食べているの?」と聞くと
「たまにだけどね!!」と答えてくれました。

今の子どもたちは、柔らかいものが大好き。
なかなか、かたいものを食べようとしません。

実は、かむこととかみ合わせは
とても大事なことなのです。
かみ合わせのずれによって
身体もずれてきますし、
かむことには抗酸化作用、
毛細血管の新生促進、歯のカルシウム沈着防止
毛髪の発達を促すなどたくさんの
働きがあります。

かみ合わせを直すことによって
肩こり、腰痛、胃痛、頭痛など
たくさんの痛みをとるといわれています。

また、良くかむことで、満腹感がまして
ダイエットにも効果的です。

子どものおやつに最適なものといえば
草加せんべい(かたいもの)、
干しいも、昆布、ガムなどが
あげられます。

毎日の生活の中に
ちょっとあるといいですよね!

おせんべい好きの私には、
草加せんべいは欠かせません!!
JUGEMテーマ:育児


posted by: 志和池 恵 | 体によいこと | 11:10 | comments(0) | trackbacks(29) |
取り戻そう!?
今の子どもたち
体力がおちていると
聞いていたのですが
本当にそのようです。

男の子は、昔のように
がっちりした身体ではなく
どことなく線が細く
女の子は、見かけよりも
もっと弱くなっている。

もちろんいいところもあります。
男の子も女の子も
背が高くなり、手、足が長く
なってきていますし、
男の子もきれいになってきて
女の子はさらにきれいになって
きています。

数年前より、男女逆転現象が
起こっているといわれ、
声や性格、男の子に
毛があまり生えないという事実もあります。

でも、なかなか外で遊んだり
スポーツをする機会がない
子どもたちは
体力を作りきれずに
だんだん年とともに
衰えていく傾向にあります。

ここで出来るだけストップしたい!
なので、いろんな昔の遊びとか
食べ物とか生活習慣が
見直されています。

家庭の中でも少しずつ
取り入れていきたいですね!!
JUGEMテーマ:育児


posted by: 志和池 恵 | 体によいこと | 08:03 | comments(0) | trackbacks(2) |