無料メルマガ登録

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から
発行しています。
対談・無料PDAファイル
お母さんが、子供から教えられる、 大切なこと
お母さんが、子供から教えられる、大切なこと 志和池 恵vs半澤 聖子
B-Pro
ブログでクチコミ B-Promotion

Add to Google

My Yahoo!に追加

Subscribe with livedoor Reader
カウンター
ブログパーツUL5
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
mobile
qrcode
Sponsored links
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
意見を聞く!
5〜6歳ぐらいになると
ママの言うこともかなり理解できます。
自分の意見も言いたいですし、
認めてもらいたいという気持ちが
とてもたくさんあります。

この時期になると、考え方の違いも
子どもによっては、出てくるかも知れません。
子どもの意見も聞いてみると
大人と同じような意見を
持っている子もいますし、
まったく違った意見の子もいます。

たとえば、ママがちょっと迷ったとき
「どうしようか?」
「どうしたらいいとおもう?」
と問いかけてみてください。
ちゃんとした答えが返ってくると思いますよ。

もし返ってこないときは、
そのことに興味がないか
考えていないかです。
男の子だとポロッと
ヒントめいたことを言ってくれる時も
ありますから、チャンスです。

子どもは子どもなりの答えを
出してくれますが、
その意見を尊重してあげること
いい案だったら使ってあげることで
子どもは、自分の意見に自信を
持ちますし、認められたという
喜びと人のためになるということを学びます。
これは、人としてとても大切なことです。
一番子どもたちに覚えてもらいたいことですよね。

子育ては「心育て」ですよね。
自信をつけると可能性が広がります。
ぜひ、子どもに意見を聞いてみてください!!

* 注意事項
出来るだけ、けなさないでくださいね。
子どもの考える範囲での意見です。
その言葉をちょっと変えてみると
立派な答えが見つかります。


今日の慣用句
「血気に逸る」(けっきにはやる)
意味:意気込みに任せて、向こう見ずに行動すること

posted by: 志和池 恵 | 心を育てる | 20:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 20:06 | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://e-yoiko.jugem.jp/trackback/789
トラックバック