無料メルマガ登録

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から
発行しています。
対談・無料PDAファイル
お母さんが、子供から教えられる、 大切なこと
お母さんが、子供から教えられる、大切なこと 志和池 恵vs半澤 聖子
B-Pro
ブログでクチコミ B-Promotion

Add to Google

My Yahoo!に追加

Subscribe with livedoor Reader
カウンター
ブログパーツUL5
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
mobile
qrcode
Sponsored links
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
はなした〜〜い!
イメージトレーニングで、
「夢」の話したときのこと
「みんなは夢見たことある??」
「どんな夢をみるのかな?」と問いかけてみると
ぜんぜん夢を見ない子や
よく夢を見る子とそれぞれあります。

Lくんは、6歳の男の子
「僕はよく夢を見るよ」
というので話を聞くことに・・・!
「どんな夢を見るの?」と聞いてみると
「僕はね、怖い夢をみるんだよ」というのです。

「それって、どんな怖い夢??」
と聞いてみると
「うん、それはお化けの夢だよ」
といって話してくれました。
お化けに追いかけられて、
自分の家族だけが生き残る話・・・・!!

とにかくその夢の話から抜けることが
出来ずに、他の取り組みをしていても
話したくてたまりません!!

そのうち、夢ではなく
自分の作ったお話を話してくれるLくん!
イメージがどんどん広がります。
そこで、一言「すごいね、本をかけそうだね!!」
といったら、「僕が話すから先生かいてよ」
といったので、「自分で書けるようになるといいね」
というと、「ふ〜〜ん、そうか!!」とやる気満々です。
子どもたちのイメージ力はすごいものがあります。
このイメージを大切にしたいですよね!!

今日の慣用句
「一目置く」
意味:すぐれた者に敬意を払って一歩譲るということ

JUGEMテーマ:育児


posted by: 志和池 恵 | イメージトレーニング | 20:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 20:43 | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://e-yoiko.jugem.jp/trackback/724
トラックバック