無料メルマガ登録

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から
発行しています。
対談・無料PDAファイル
お母さんが、子供から教えられる、 大切なこと
お母さんが、子供から教えられる、大切なこと 志和池 恵vs半澤 聖子
B-Pro
ブログでクチコミ B-Promotion

Add to Google

My Yahoo!に追加

Subscribe with livedoor Reader
カウンター
ブログパーツUL5
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
mobile
qrcode
Sponsored links
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
おもしろいね〜!
年中さんのクラスでこんな教材を
出してみました。
正三角形と平行四辺形の
ブロックを、すべて正方形の枠型に
入れてしまうというものです。

パッと見た目は、
なかなか難しそうなのですが
やってみると、よく出来ていて、
正三角形と平行四辺形という
絶妙な組み合わせが出来ていくのです。

最初、30秒間出来上がりのものを見ます。
そして、手元にあるブロックをひっくり返して
作っていきます。

これを実は、小学生にやらせたところ
3分ほどで、ギブアップしてしまいました。

でも、クラスもいろいろです。
どんなに年齢が離れていても
これを駄目だと思う子と
なんかおもしろいねと思う子では
成功する確率が違ってきます。

この年中さんのクラスは
後者の子どもたちです。

さすがに、ヒントは必要です。
角のヒントを上げると
自分で組み合わせを考え始めます。

もちろん途中で行き詰って
しまいました。
そのとき、「ねえ、真ん中はどんな
もようだった?」と聞きました。

「え〜〜〜、覚えてないな〜〜!」と子どもたち
ヒント・・・・。
「真ん中の模様を作れると、
すぐ完成するよ!!」と私が助言。

さあそこからが勝負です。
ママとパパも考えつつ
完成を目指します。

このクラスの子どもは
こういう教材は投げ出したり、
あきらめたりしません。
それが成功に導きます。

ア〜〜でもない、コ〜でもない
といいながら、組み立てていくと、
最後のスペースにどの形が入るのかが
見えてきます。
すると、子どもの口から一言
「これって、おもしろい、楽しいね!!」
といって、完成させてくれました。

この頑張りが、想像力を
導き出し、成功にむかわせるのかな!
と実感するひと時でした。

パパ、ママ、ご苦労様でした。
子どもたちに、たくさんのヒントと
お手伝いをしていただきました。
JUGEMテーマ:育児


posted by: 志和池 恵 | 才能を伸ばす | 09:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 09:25 | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://e-yoiko.jugem.jp/trackback/383
トラックバック