無料メルマガ登録

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から
発行しています。
対談・無料PDAファイル
お母さんが、子供から教えられる、 大切なこと
お母さんが、子供から教えられる、大切なこと 志和池 恵vs半澤 聖子
B-Pro
ブログでクチコミ B-Promotion

Add to Google

My Yahoo!に追加

Subscribe with livedoor Reader
カウンター
ブログパーツUL5
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
mobile
qrcode
Sponsored links
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
新しい家族が出来ると?
『今まで、ママは独り占め!
でもこれからはそうじゃない!
どうしよう!!』

きょうだいが出来るとき
子どもの声が、今にも聞こえそうです。
それでも、おにいちゃんだからとか
おねえちゃんだからとか言われながら
何をどうするなんてことは
わからず、でもその雰囲気(その場の空気)は
十分にわかっている長男、長女!

不思議ときょうだいの立場が
はっきりしてきます。

でも、それぞれ子どもたちは
こころに、何らかの不満を持っていることは
明らかなことです。

これをうまく受け止めてあげないと
すごく寂しい思いをしているこどもたちがいます。
きょうだいそれぞれがいろいろな
思いを持っていることです。
一人増えることで、コミュニケーションや
子どもの立場が変わってきます。

一番わかりやすいのは、3人の子どもを
持ったママたちです。
どうしても2番目の子どもは
一人でいることが多く、
1番目は上だからという扱い、
3番目は一番下だからという扱い、
2番目は・・・・?

わがままで、自分勝手、自分の意見が通らないと
すぐ怒る。なんていわれています。
子どもなりにとても苦しんでいるようです。
先日、こんな会話が聞こえてきました。

2番目の子:「どうせ私のことなんか好かんちゃろ!
(きらいなんでしょ)」
1番目の子:「何もそんなこと言ってないやん」
2番目の子:「だっていつものけもんやん」
こんな会話が飛び交います。
この後、ママが割って入りましたが、
子どもは、気持ちを良く掴んでいます。
相手も自分のことも・・・。

でも、どう表現していいのかわからないのです。

その胸のうちをママが聞いて
理解し、受け止めてあげることも大切ですよね。
それぞれの立場を保ちつつ、
尊重しながら、きょうだいの上、下を
はっきり区別しておくことも
大切なことかも知れません!
JUGEMテーマ:育児


posted by: 志和池 恵 | お母さんの悩み | 13:25 | comments(0) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 13:25 | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://e-yoiko.jugem.jp/trackback/309
トラックバック
2008/05/06 3:51 PM
パパ向けの育児専門サイトです。私がこっそり奥さんの気持ちを教えます
お父さんの為の育児専門サイト
2007/12/21 3:45 AM
育児をしていて疑問に
子育て・育児の相談駆け込み寺
2007/12/03 12:03 AM
育児はまさに親子の戦場。毎
子育て・育児の相談駆け込み寺
2007/11/30 2:30 AM
育児の相談相手が必ずいるとは
子育て・育児の相談駆け込み寺
2007/11/26 7:49 PM
育児は本当に複雑
子育て・育児の相談駆け込み寺
2007/11/25 3:15 PM
父親である私が、子育てを通じて感じた、子供のこと、妻のこと、自分のことを記録したブログです。宜しくお願いします。
子育てパパの体験日記